イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

Kindle Unlimitedの読み放題機能を使いこなすと読書の幅が広がるという話

 

どうも! 本好きサブカルヴィーガンおやじこといけまつ(@ike0077)です!

 

私の趣味は妄想と読書です。

 

妄想は基本無料なのですが

読書は割とお金がかかるんですよね。

 

f:id:ike0077:20170914114953j:plain

 

休みの日に半日くらい大型書店にいて

気になる本を片っ端からカゴに入れていって

お会計してみたら1万円を超えていた!

 

なんて本好きさんも多いと思います。

 

で、結局すぐに読めずに「積ん読」

(買うだけかって読まずに積んだままにしておくこと)

になってしまうパターンも本好きあるある。

 

そんな本好きさんの懐事情のちょっとした味方になるのが

Kindle Unlimitedです。

 

 

Kindle Unlimitedとは?

 

Kindle Unlimitedとは月額980円で

書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊

洋書120万冊以上が

 

お手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、
Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットで

読み放題になるサービスです。

 

よくKindle電子書籍リーダーを持っていないと

サービスが利用できないと勘違いされている方もいるのですが

お手持ちのスマホにKindleのアプリを入れればすぐに

サービスを利用できます。

 

 

Kindle Unlimitedのここが良い!

 

毎月約本1冊分で沢山の本が読める

 

f:id:ike0077:20170914115438j:plain

本の値段はハードカバーが大体1500円

文庫、コミック、雑誌などが500~600円

 

ならすと1冊あたりの本の購入代金って

1000円くらいになると思うんです。

 

つまり、Kindle Unlimitedの月額料金とほぼ同じ。

気になる本を月に10冊買うと、およそ1万円になりますが

 

Kindle Unlimitedを利用して

その中に読みたい本があれば

購入代金をそのぶん減らすことができます。

 

 

 

 

バリエーションが豊富 → 調べ物に使える!

 

Kindle Unlimitedは

和書だけでもおよそ12万冊なので

かなりの蔵書数を楽しむことができます。

 

私はこの蔵書数の多さを

調べ物によく利用させてもらっています。

 

例えば「コピーライティングを学びたい!」

と思ったらKindle Unlimitedのページに行って

「コピーライティング」で検索すれば

膨大な量の書籍が出てきます。

 

その中で良さげな本をピックアップして

片っ端から読んでいけば

そのジャンルを効果的に深く理解することができます。

 

月額980円の投資で

相当量の知識を短期的に手に入れることができるわけですね。

 

 

完結モノのマンガが読める

KIndleを始め、多くの電子書籍プロバイダーの多くが

「1巻無料」サービスを行なっていますが

 

Kindle Unlimitedは完結巻まで読める作品が多くあります。

私が好きな

 

「きまぐれオレンジ☆ロード」や

「Nineteen」などもあるので

ちょこちょこダウンロードしては読み返しています。

 

また、手塚治虫作品なども多く読み放題になっています。

 

 

Kindleオリジナルの作品が読める

Kindleで電子書籍出版した作品の中の多くが

Kindle Unlimitedで読み放題になっています。

 

正直玉石混交なのですが

書店には流通していない傑作を見つけ出すと

宝探しに似た快感を得ることができます。

 

私は週一くらいのペースで

新刊をチェックしてますよ~。

 

 

 

実はエロい作品も多い

 

週一ペースでKindle Unlimitedの

新作をチェックしていてわかったのが

 

エロ関連の作品がやたらアップされてくる

ということです。

 

写真集、小説、マンガ

これらがインディーズ、商業出版

男性向け・女性向け入り混じって

すごい勢いで出版されています。

 

わざわざ本屋に行って

エロコンテンツを買う気恥ずかしさを

軽減させている場でもあるのだなと

関心してしまいました。

 

 

 

Kindle Unlimitedのデメリット

 

月額制であること

本好きには非常に費用対効果が高いと思われる

Kindle Unlimitedですが

 

サービスを利用してもしなくても

毎月確実にアマゾンから980円徴収されます。

 

つまり仮に読みたい本があまりなくて

ほったらかしにしていると

もったいないこと山のごとしなわけです。

 

 

 

10冊までしかライブラリに入れられない。

 

Kindleではダウンロードした電子書籍を

ライブラリに保存して読むのですが

 

Kindle Unlimitedでは10冊までしか

ライブラリに保存できません。

 

これが通常のKindleが

「コンテンツの購入」であるのに対して

 

Kindle Unlimitedは

「コンテンツのレンタル」だからです。

 

つまり、10冊まで無期限で借りることはできるけど

いつかは返さなければならず

コンテンツを「所有」することはできません。

 

ま、読み終わったら一度手放して

また読みたくなったら

ダウンロードすればいいだけですけどね。

 

 

 

最新作、人気のベストセラーは読み放題対象外

 

もちろんなっているものもあるんですけど

今まさに話題になっている本は

対象外になっていることが多いです。

 

ただ、時間が経つと読み放題の中に入ってたりしますので

気長に待ってその間は別の気になった本を読みましょう。

 

 

 

メルカリと併用すると効率化が加速!

書店で売っているような話題の本を安く買うには

今ならメルカリがアツいですね。

 

ワンユーザーの質の良い本が

定価の2~3割引きで出品されていることが多いです。

しかも送料は出品者持ち。

 

読みたかった話題の本を

メルカリで購入したあとに

さらにメルカリで売れば

 

その分お金が入ってくるので

知識を得るために使った

「購読料」は実質数百円で抑えることができます。

 

blog.ikemax.com

 

話題の本はメルカリで

その他はKindle Unlimitedをりようすれば

今まで本のために使っていた購入費用を

大幅に軽減することが可能です。

 

本好きさんのためのライフハック

30日間は無料なのでぜひお試しあれ♪