読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

本やCDの販売に特化したスマホアプリ「メルカリカウル」を使ってみた!

 

 

「メディア系」に特化した販売アプリ

 

フリマアプリで人気の「メルカリ」が本やCDの販売に特化したアプリ「メルカリカウル」をリリースしました。

 

大きな特徴は本やCDのバーコードをスマホで読み取るだけですぐに出品できるところですね。さっそくアプリをダウンロードして試してみました。

 

 

 

圧倒的なスピード感ッ!

 

f:id:ike0077:20170512171850p:plain

 

↑カウルのアプリ画面。販売されている本やCDがどーんと表示されています。オレンジ色の「◯◯%」「定価から◯◯%引き」という意味。アプリ下部の真ん中にある同じくオレンジ色の「出品」アイコンをタップすると商品を出品するためのカメラアプリが立ち上がります。

 

f:id:ike0077:20170512172019p:plain

本の裏側にあるバーコードにスマホのカメラをかざすだけで商品情報を自動で読み取ってくれます。

 

f:id:ike0077:20170512172056p:plain

 

 

あっという間に読み取り完了。「売れやすい価格」までアドバイスしてくれます(笑)。あとは配送方法と発送元の地域、発送までの日数を選択して「出品する」ボタンをタップすれば出品完了。ここまでものの数秒。面倒な入力もなく、サクッと出品できちゃいます。

 

本好きにおすすめしたい「本棚機能」

 

「本棚機能」とは自分の持っている本やCD・DVDをカウルの「本棚」に登録しておくと、売りたくなったときにカンタンに出品できる機能です。

 

f:id:ike0077:20170512172151p:plain

 

 

 

つまり買った本やCD・DVDをカウルの予め「本棚」に登録しておいて、読んだ先、視聴した先から出品して商品が売れれば、そのお金でまた新しい本やCD・DVDを買うことができます。

 

話題の新刊本やCD・DVDを大量に購入する人には嬉しい機能ですね。

 

 

 

 


うれしいキャンペーン

f:id:ike0077:20170512172249p:plain

2017年5月中に2017年以降に販売された本やCD・DVDを出品すると1商品につき40円分のメルカリポイントがもらえます(2017年以前ののもは20円分のメルカリポイント)。もらったポイントを使ってメルカリで本やCD・DVDを安く購入して、読み終わったり視聴し終わったらまた出品して新しい商品を購入するという「お得スパイラル」と構築することも可能ですね。

 

 

まとめ

 

バーコード読み取り機能によって出品がおそろしく早くできる「メルカリカウル」。出品機能で群を抜いていたamazonのそれと比べてもスピード感は圧倒的でした。またPCを使わずにその場でスマホを使って完結できるのも嬉しいですね。


あとは出品した商品がどのくらいの日数で売れていくのかが気になるところですが、おいおいデータが出てくることでしょう。

 

読み終わった本やCD・DVDをamazonやヤフオクに出品するという習慣がない一般層がメルカリカウルに流れてくればamazonやヤフオクにならぶ中古メディア系の一角を占める可能性は十分にあると思います。

 

 

 メルカリカウルを使うにはまずは「メルカリ」本体に登録する必要があります。

まだアカウントを持っていない方は↓よりアカウント登録ができますよ~。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

 

blog.ikemax.com