イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

「モバイルボヘミアン」旅するように働く生活

 

 

ここ数年、世の中を見ていると「従来の働き方」に限界が来ているのではないかと思うことがあります。サービス残業、過労死。これらは今になって出てきた問題ではありません。ただ、いままではうやむやにされていた問題に世間が「これおかしくない?」と強く思い始めたのがここ数年になってからではないかと思います。

 

 

「監視つき、時間給」から「自由裁量、成果報酬制」へ

 

企業は世間の目が厳しくなってきたので、これから従業員に大っぴらに残業させることはできなくなるでしょう。でも利益はこれまで通り出していかなければいけない。

 

そうなるとどうなるかというと「自由裁量、成果報酬制」をとる会社が多くなってくると考えられます。「出社してもしなくてもいいよ。利益さえ上げてくれれば」という「読まなくてもいいよ。買ってくれれば」という高田純次イズムにも似たスタイルがメジャーになってくるでしょう。

 

今までの雇用形態は「監視つき、時間給」でした。課長や部長が社員を監視して、決められた時間、会社にいればお給料がもらえました。しかしこれが「自由裁量、成果報酬制」になると、稼げる人と稼げない人の二極化が進みます。

 

 

 

会社が求めるのは成果。働き方改革をしないと会社はよくならない

 

今までわざわざ会社という「入れ物」を用意して、管理職という「監視」をつけて社員を働かせていた会社が、「ここまでコストかけなくてもいいよね」ということに気づいちゃったんですね。これからは限りなく「ビジネスパートナーに近い」社員に仕事を振ってあとは勝手に利益が上がってくるのを待つスタイルが多くなるでしょう。

 

現にカルビーは制度上、会社に出社せずに毎日在宅勤務してもOKになりました。

www.asahi.com

 

「会社が求めるのは成果。働き方改革をしないと会社はよくならない」

という同社の首脳陣の言葉が全てを語っていますね。

 

 

 

自由裁量、成果報酬制の問題点と発想転換の必要性

 

 自由裁量、成果報酬制がメインの働き方になると、1日の時間の使い方が個人に委ねられるようになります。子供を幼稚園に送ってから帰宅して仕事をする人もいれば、昼過ぎまで寝ていて、だらだらと仕事を始める人もいるでしょう。

 

お金を稼ぐため、成果を上げるために、1日のほとんどを仕事のために使ってしまう人ももいれば、自分の時間を持ちたいので労働を最小限に抑えようとする人もいるでしょう。

 

ただ、今の社会の流れ、働き方の常識からすると、お金を稼ぐため、成果を上げるために、1日のほとんどを仕事のために使ってしまう人がほとんどになってしまい、結局会社にいてもそれ以外でも仕事に追われる毎日は変わらないという人が大多数になってしまうような気がします。

 

 

なので、ここで発想の転換が必要になってきます。仕事に追われずに、生活を楽しむ方法。その1つの選択肢として「仕事と遊びの境界線をなくしてしまう」という方法があります。

 

 

遊ぶように仕事をする

仕事をするように遊ぶ

 

 

二つの相反する行為が生活の中で1つに融合することによって、ストレスなく自由に生きることができる。そう提唱しているのが「モバイルボヘミアン」という本です。

 

 

仕事と遊びの境界線をなくすには、自分の好きなことをとことんつきつめて仕事にしてしまうことだと本書には書いてあります。

 

 

古くからアーティスト、起業家などは自分の好きなこと・やりたいことをとことん極めて仕事にしてきました。彼らには会社員に比べて仕事とプライベートの境がありません。ただ好きなことに打ち込んでそこにフォロワーが集まってきて、それで収益化できているわけです。

 

 

自由裁量、成果報酬制、そしてネットインフラの充実により、それを一般の人でも可能にしてくれる時代がやってきていると言えるでしょう。

 

 

すぐには難しいとは思いますが、少し会社と自分の間に快適な距離感を取りつつ、自分のやりたいことでも多少なりとも稼げるようになると、生活の充実度・自由度は格段に変わっていくと思います。

 

 

今はまだ本書の考え方は「異端」と思われるかもしれませんが、5年後、10年後には人々の働き方・生活のスタンダードになっていると私は信じています。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

blog.ikemax.com