読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

メルカリの「妊娠米」とヤフオクの「風神石」

 

 

 

f:id:ike0077:20170504163516p:plain

 

メルカリ、最近何かとやっちまってますね・・・・・・・。

マネーロンダリングに繋がるおそれのある現金出品や

脱税に悪用される恐れのある領収書の出品。

 

そして今度は「妊娠菌」のついた「妊娠米」が出品され物議を醸し出しています。

妊娠「菌」って・・・・・・・。発想が小学生ですな。小2病(笑)。

 

藁にもすがる思いで購入した人はなんとも気の毒なハナシです。

 

news.nifty.com

 

 

以前から知られていた「メルカリのユルさ」

 

ネット物販業界では数年前から「メルカリユーザーはamazonやヤフオクユーザーと比べてネットリテラシーが低い人が多い」と言うのが共通見解でした。

 

ネットリテラシーの高さで言えば

amazon>ヤフオク>メルカリ

が共通イメージ。

 

メルカリの登場でネットの商品相場を知らない素人丸出しのユーザーが不用品を気軽にスマホ経由で出品することができるようになった結果、メルカリ内で安値で出品されているものを「刈り取って」amazonやヤフオクで高値で売りさばく業者が増えたのが数年前。そのころからメルカリの「ユルさ」は業界内に知れ渡っていたので、そんなメルカリの「ユルさ」に気づいたアンダーグラウンドな人たちが起こしたであろう今回の一連の事件は「ああ、やっぱりな」という感想が正直なところでもあります。

 

とはいえ、amazonが安全かというと、こちらも最近アカウント乗っ取り事件などがあり、安心はできない状況です。

 

www.nikkansports.com

 

人間が使うシステムである以上、100%安全なものはありません。ネットショッピングは便利で有益なものではありますが、売る側も買う側も自己責任でネットリテラシーを高めていかねばならない時代に来ているように思えます。

 

 

 

道を塞いでいる巨石をヤフオクに出品、2400円で落札される

出品者側の良識を疑うようなメルカリの事件の裏でこのようなニュースもありました。

paretime.wp.xdomain.jp

 

熊本地震で滑落した巨石が作業道を塞いでしまい、農作業ができない状態に。私道につき行政負担で復旧ができないことから、ヤフオクに巨石を出品しようとなったそうです。このアイディアすごいですよね!

 

さらに落札者がついたのもすごい! だって巨石を運搬する費用を考えたら完全に赤字ですよ。それでも落札者は「熊本復興の役に立てれば」という思いで落札。家の庭石に使うそうです。

 

【出品詳細 byオークファン】

aucview.aucfan.com

 

ちなみに巨石はダイナマイトで破砕された模様。


風神石 水越

 

 

破砕された石の一部は再びヤフオクに出品され、話題も相まってか結構いい値段がついています。

auctions.yahoo.co.jp

 

ちなみに、売上は震災復興に使われるそうです。

 

 

 

メルカリの「妊娠米」とヤフオクの「風神石」で考えさせられたこと

それはネットというのは使う人次第で良い方にも悪い方にも大きく振れるということです。

 

メルカリの事件はいずれも相手の弱みに漬け込んで自分たちだけが得をしようとする「利己的」なやり口です。結果、検挙されみんながイヤな気分になってしまいました。

 

「風神石」の場合、庭石にしたいという目的はあったものの、ベースは「震災復興への思い」であり「利他的」な行いであったと言えます。結果的にそれが話題となり、ただの石のカケラがヤフオク内で数万円で取引され、復興支援に役立っています。

 

どちらもネットがなければ出てこなかったであろうビジネスモデルですが、どうせなら後者のようにみんなが喜べるようなイベントを今後ネットはどんどん作っていくべきだと私は思います。

 

そのためには、ネットを使う人間自体がまず意識を改革していく必要がありそうですね。「独占」から「シェア」へ「利己的思考」から「利他的思考」へシフトしたほうが結果的にみんながハッピーだということにそろそろみんな気付くべきだと思うし、それが十分に実現できる社会的インフラはもう整っているのですから。