イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

紗名の正体が明らかに(ついでに一条さんも)!? 「アリスと蔵六(2)」【ネタバレあり】

 

 

 

 

Kindle読み放題で無料だったので何気なく手に取った1巻でハマってしまい、続けて2巻もダウンロードしてしまいました。ちなみに、2巻からは有料ですが「そんなの関係ねぇ!」と小島よしおスピリットで読み進めることにします。

 

 

2巻はこんなお話

 

「研究所」の追手、ミニーCによってさらわれた紗名。彼女は自分が人間ではないこと「何か正体不明のモノが人間に擬態して生まれた未知の現象」であることをミニーCから知らされます。自分の正体に驚愕する紗名。そんなに紗名の力で呼び出された蔵六が一言。

 

「あのなあ

お前さんが人じゃなかったとして

それが何なんだ?」

 

今回もカッコイイぞ! ジジイ。

 

そして、紗名と蔵六を救いに来た一条さん(内閣情報調査室特務機動B班)。実は彼女も「アリスの夢」の能力者で、1巻にちょっと出てきて紗名の脱走を助けてくれたメイド服のお姉さんだったんですね。

 

通常アリスの夢の能力(「トランプ」と呼ばれている)は1人につき1つの現象しか起こせないのですが、一条さんは666の兵器と13の魔法書が収められている、アニメに出てくる魔法の物置」がトランプなため、様々な魔法が繰り出せるツワモノなのです。

 

ドラえもんのひみつ道具が欲しいと思ったら四次元ポケットごともらっちゃったようなものですよね(笑)。

 

一条さんがどうしてアリスの夢として覚醒したのか気になるところです。読み進めていくうちにわかるのかな?

 

一条さんの上をいく「赤の女王」と呼ばれる紗名の能力は、想像したことを具現化したり、あったことをなかったことにしたりと「世界を作り上げる能力」みたいですね。花澤香菜さん主演で映画化もされた「いばらの王」にちょっと雰囲気が似ているかもしれません。なぜか、世界を作り上げる能力を持つヒロインって万能なはずなのに不遇ですよね。「物語あるある」なんでしょうか?

 

 

 

 

 

まとめ

 

紗名の正体は一体何なのか? 一条さんが覚醒した理由は? たまに出てくる未来の紗名っぽい人は? 2巻を読んでみて一層謎が深まった感じですね。1巻でハマってしまった人は、もう諦めて一緒に最新刊まで読み進めましょう!(笑)アニメもやっているので、見てみるとより一層本作が楽しめますよ。ちなみに、ミニーCの声を担当しているのは能登麻美子さんです(ク~ッ!!)。

 

 

 

この本が気になった方へオススメの3冊