イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

大槻ケンヂの「なんじゃこりゃ!?」と思う曲ベスト10

中学生の頃からおよそ30年、オーケンファンの私。

 

彼の詩の世界には「この世のやるせなさへの怒り」

「自分の情けなさに対する嘲り」

なんかを極度にキャッチーなフレーズにコーティングして

ハードロックのメロディーでフライヤーにブチ込んだ

「揚げ物」みたいなものだと思っているのですが。

 

その中でも口の中に入れた時に「ん?この味、なんだ?」

みたいな感覚、言うなれば始めてホヤ貝を食べたあの感じになる曲を

厳選して10曲選びました。

 

第10位 ワインライダー・フォーエバー

 

ジョニーデップがウィノナ・ライダーとの婚約直後に彫ったタトゥー

「Winona forever(ウィノナよ永遠に)」というタトゥーを破局後に

「Wino forever(アル中よ永遠に)」に掘り直したのを面白おかしく歌った曲。

 

 

第9位 君は千手観音

 

みうらじゅんさんの作詞なんですけど

後ろにいるドラムの佐竹雅昭さん

がインパクトありすぎで9位にランクイン。

 

 

第8位 詩人オウムの世界

 1990年にリリースされた「サーカス団パノラマ島へ帰る」

に収録されていた曲ですが、聴けば聴くほど

5年後に起った地下鉄サリン事件のことを歌ってるようにしか思えない曲。

 

 

第7位 バラード禅問答

『娘がいなくなり、少女人形を娘のように可愛がる夫婦。

ドライブ中に事故に遭い、自分だけ助かってしまい

彼は宇宙人に助けられ今も生きていると主張する女性』

しかしどちらも「本当はそんなものウソッパチだとわかっている」

との本人たちのまさかの告白に「このはなし~♪ なんだ~ろ~?」

とメロディーをつけたすごく奇妙な曲。まさに禅問答。

 

 

第6位 悪の草

 BUCK-TICKの「惡の華」のパロディ。

この人、ホントに人のことおちょくらせたら神レベル(笑)。

 

 

 第5位 小さな恋のメロディー

映画「小さな恋のメロディー」 で少年と少女がトロッコに乗って逃げていく先を

「きっと地獄なんだわ」と言い放つイカれた少女の歌。

 

そしてこの曲にはアンサーソング的な続きがあるのです。

 オーケンが声優の上坂すみれさんに詩を提供した曲がこちら。

 ホントに地獄行っちゃってる!(笑)

「天国も地獄も同じこと」

見方の違いだけ=視差=パララックス・ビュー

という同名の映画を見て作った曲らしいですよ。

 

 

 

 

 

 

第4位 企画者AVの女

 企画者AVの撮影中に雪山で遭難したAV女優の話。

「あたしピンだとつらいってさ」

「あの人が見てくれるなら」という歌詞が切ない。

 

 

 

第3位 生まれてビックリ団

 この世はビックリだ。

大人になるあたりのビックリは切なくなるほど共感できる(笑)。

 

 

第2位 揉み毬

 25年も動き続け、色んな背中を揉んできた揉み毬の歌。

愛に疲れた男は部屋に帰って女の首を締めたのだろうか。

 

 

 

 

第1位 オッパイマンの歌

 オーケンのオールナイトニッポンで誕生した曲。

まさにキングオブなんじゃこりゃ!?です。

「オッパイマスクをあてがうぜ」ってところが好き。

「あてがう」って動詞なかなか使わないよね。

ちなみに、オーケン本人も自分の詩集の解説で「バカみたい」と評しています。

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

blog.ikemax.com