読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

「ゼーガペイン」浦安フェスティバル2016限定ARスポットにエンタングルしてきました!

 

どうも!

醤油とアニメがあればいい。

いけまつ(@ike0077)です。

 

 

今回アニメ「ゼーガペイン」の限定ARスポットが、地元浦安の「浦安フェスティバル2016」に出現するということで、チャリでちょっくら行ってきましたよ~。

 

 

ゼーガペインとは?

2006年に放映されたサンライズ制作のロボットアニメ作品。ただのロボットバトルものではなく、人類が自らの実体をデータ化し「幻体」という存在になってサーバー上で過ごしているという設定がすごく斬新で、大人が見ても、というか大人が見て楽しめるアニメです。お酒飲みながらだと号泣必至(笑)。放映開始から10年経った今でも根強いファンが多いアニメ作品です。

 

アプリ「舞台めぐり」

f:id:ike0077:20160919183651p:plain

「舞台めぐり」はアニメの舞台になった街に行って特定の場所に行くと、そのアニメキャラのイラストがゲット出来て、舞台とキャラを一緒に撮影できるというアプリ。ゼーガペインだけでなく、「ガールズアンドパンツァー」や「あの花」など数多くの名作の舞台に対応しています。

 

 

さっそく出発!

あいにくの雨まじりの空でしたが、気にせず出発!

f:id:ike0077:20160919184349j:plain

曇天模様な浦安の海。ゼーガペインの最終回に出てきそう。

 

ところで、まずどこに行けばいいのだろう?

と思い公式ツイッターを調べると公園が写っていたので浦安市運動公園へ。

 

f:id:ike0077:20160919184625j:plain

あれ?誰もいませんよ。

 

 あかん!間違えた。

総合公園や!

 

 

そのままチャリで来た道を爆走。「踵を返す」ってこういう状態なのねと実感する42歳。

 

 

 

総合公園到着!

f:id:ike0077:20160919185219j:plain

まずはビール。みーこオンザ・ビール。

 

f:id:ike0077:20160908185227j:plain

 

 

 

 

総合公園をさまようこと10分。ついにお目当てのゼーガペインブースに到着。到着までに鶏皮串とピザーラの照り焼きチキンピザを消費。

 

f:id:ike0077:20160919185754j:plain

 

 

さてARゲットだぜ! 

 

 

f:id:ike0077:20160919185754j:plain

・・・・・・。

あれ、どうすればゲットできるの? ポケボール的なものもアプリにないし。

 

 

お隣で楽しそうにゼーガ談義に花を咲かせているグループにコミュ障気味に「す、すいませんARってどうすればゲットできますかフガフガ・・・・・・」と話しかけたところ、とても親切に「舞台めぐり」の使い方を教えてくださり

 

f:id:ike0077:20160919190019j:plain

ついにARゲットだぜ!しかもカミナギ冬服バージョン。ゼーガペインは基本、夏をぐるぐると繰り返す物語なので冬服はレアなのです。

 

f:id:ike0077:20160919190159j:plain

カミナギさん、お、重いんですけど・・・・・・。

 

 

 

f:id:ike0077:20160919190319p:plain

基本的使い方としては地図を見ながら近くのスポットまで行って、チェックインすると

 

f:id:ike0077:20160919190237p:plain

プレゼントがもらえる仕組み。

 

 

f:id:ike0077:20160919190456j:plain

その後も新浦安近辺で限定ARをゲットしまくりました。

 

f:id:ike0077:20160919190606j:plain

 

f:id:ike0077:20160919190629j:plain

*みーこはARではありません。

 

 

f:id:ike0077:20160919190959j:plain

この日チャリで走ったキョリ18.4キロ。意外といい運動になりました!

 

 

「舞台めぐり」を使ったAR遊びをやってみて思ったこと

いやー、意外とハマりますね!(笑)。この翌日も早起きして残りのキャラをゲットしにいきましたもん(笑)。ポケモンGO!の面白さがイマイチわからない自分でもこれは楽しい!

 

強いて言えば、声優さんの限定ボイスなんかもゲットできると個人的にはさらにのめり込めるかな~。

 

今後は他のアニメ作品の舞台にもチャリで遠征してみたいと思います。趣味とダイエットを兼ねて。

 

 

ARの可能性

AR(拡張現実)は今後現実世界にどんどん進出してくるものと私は考えています。ポケモンGO!などはいい例で、現実世界の中で肉眼では見えないものがスマホをかざすと見える面白さというのは思った以上に人のコレクター欲を煽り立てます。

 

地元商店街の地域振興に、大型テーマパークの新規客寄せにこのようなARイベントはどんどん活用されるのではないでしょうか。例えばアニメの舞台になった地方に行って特定の場所にチェックインすると宿泊代や飲食代が割引になったり、そのために地方自治体がアニメキャラを誘致したりする流れが出てくるようになると思います。

 

現実にちょい足しできるARというエンタテインメントはまさに現実を「拡張」するツールになりつつありますね。