読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

山口の女性はブスばっかなのか?「山口県ブス伝説」に迫る

 

 

どうも!

「面白いものを創作・紹介・企画・立ち上げる人」

いけまつ(@ike0077)です。

 

 

最近、岡田みーこのオーディションを受けてくれた子が自己アピールで「山口県はここ最近ブスばっかという悪い噂がたっていますが、そんな悪い噂には負けないように頑張ります!」と言っていたのがずっと心にひっかかっていたので、自分なりに「山口県の女性は本当にブスばっかなのか」を調べてみました。

 

まず、「山口県 ブス」でググってみた

まずは基本のグーグル検索。「山口県 ブス」に関する50万件以上のトピックがヒットしました。かなりの検索ボリュームですね(笑)。どうやらテレビで取り上げられて火がついたようです。

f:id:ike0077:20160725150816j:plain

 

 

 

次に「山口県 美人」でググってみた

f:id:ike0077:20160725151507j:plain

「美人」でググっても、トップ2件がブス関連!もはや呪われているとしか(笑)。

 

 

山口県ブス伝説の原因は「姫山の呪い」?

山口県の市街地近くにある姫山周辺にはこのような言い伝えがあります。

 

昔々、山口の城下町に住む長者の家にはお万という一人娘がいました。

お万は色白で目のぱっちりした、誰もが振り向くような美しい娘でした。
このお万、年頃になると他の娘達と同じように好きな男性ができました。
しかし、城下を巡っていたお殿様が美しいお万を目にしたために・・・

 

お万を目にした殿様は、その美しさに一目ぼれ。
「余の元に来い、何でも願いをかなえてやるぞ」
とお万を口説きます。
しかし、意中の人がいるお万はかたくなにその申し出を拒否したため、お殿様はとうとう怒ってしまいました。

 

怒った殿様は、お万を捕らえると姫山の古井戸に吊るし、さらには毎日のように蛇を投げ込み続けました。日に日に衰弱していくお万、そしてとうとう死んでしまいます。呪いの言葉を放ちながら・・・・・・。

 

「この身がかりそめの美しさに生まれたばかりに受けるこの苦しみを、二度と後の世の女性にはさせないためにも、この山から見える限りの土地には、これから後は美しい人を生まれさせはせぬ」

そして、この呪いによって山口県には美しい女性が生まれなくなったということです。

 

 参考サイト 山口県のブス伝説、姫山の呪い

 

 

なんとも理不尽なお話ですね。それにしても殿様

「古井戸に吊るし、さらには毎日のように蛇を投げ込み続けました」

ってなんなの?その蛇プレイwどんだけサディスティックなんでしょう。X Japanもびっくりです。

 

 

 

 

 

 

山口県出身の女性芸能人

あ行
石川佳純

さ行
佐藤良子

た行
田中陽子

な行
西村知美

は行
宝来麻紀子

ま行
道重さゆみ(モーニング娘。)、村重杏奈(HKT48)

や行
芳本美代子

わ行
若木萌

 

参考: 山口県出身の芸能人・有名人|山口出身の女性 - NAVER まとめ

 

色々調べてみましたが、どれもこんな感じでした。す、少なくないかw これも呪いのせいか。芳本美代子、なつかしすぎる。

 

 

まとめ

・お万の呪いはガチ。

・殿様のサド性癖がちょっと常軌を逸している

 

 

山口だけじゃない! 他の地域にもある「ブス伝説」

日本三大美人: 秋田・京都・博多

に対して

日本三大ブス: 仙台・茨城・名古屋

というものがあるらしいです。

 

これはもともと水戸の領主佐竹義宣が秋田に領地替えになったときに、腹いせに美人ばかり秋田に連れて行ったのが事の発端らしいですよ。

 

茨城はわかるけど、なんで仙台と名古屋も? という理由はこちら↓

 

水戸に入府した水戸初代藩主徳川頼房が、秋田に転封された佐竹氏に抗議したところ、佐竹氏は頭にきたのか、秋田のブスを寄せ集め水戸に送りつけてきます。

 

困った水戸の徳川頼房は、1/4のブスをを東北に送り返します。しかしブス達は秋田に辿りつけず仙台に住み着きます。これが日本三大ブスの一角である仙台の成立です。

そして残った1/4のブスを兄の徳川義直のいる尾張藩へ送り、日本三大ブスの最後である名古屋が完成しました。

 

ちなみに御三家である兄の頼宜の紀伊藩へ残りの1/4のブスを送りましたが、頼宜の孫でありブス専の吉宗が和歌山から江戸へすべてのブス連れて行ったため和歌山は救われましたとさ。

 参照: 

茨城ブスについて。 都市伝説をさらっと考えてみる。 | なめがたヒストリー | なめがた日和[行方市]

 

 

以上あくまで、都市伝説でした。信じるか信じないかはあなた次第。