イケマックス

グルメとかサブカルとか新しい働き方とかを雑多に書き綴ります

「最低賃金、時給1500円」ならば「夢はある」のか

 

headlines.yahoo.co.jp

 

う~ん・・・・・・・、ちょっと何言ってるのかわからない(笑)。

 

まずこの人達に言いたいのは

「時給¥1500稼げる能力をつければいいんじゃね?」

である。なぜそこまで国に頼る?

 

そもそも労働の対価というのは労働者が決めるものではない。

市場が決めるものだ。

最低賃金ってお小遣いの値上げとは違うのよ。

 

その人に能力があれば需要が増して賃金は上がる。

残念ながらそのレベルに達していなければ最低賃金に甘んじるしかないだろう。

 

このデモを主催した「エキタス」さんのHPはこちら。

気になった方はご参照いただきたい。

 

aequitas1500.deci.jp

 

 

「最低賃金の引き上げは、雇用主にとってマイナスでしかないのでは?」

という問に対して

「(最低賃金の引き上げには)政府からの支援や補助が必須となります」

と書いてありますが

 

え~っと、その税金誰が払うの?

 

結果、パートやアルバイトよりも税金を多く払っているであろう雇用主の負担は大きくなる一方なのではと思えてならない。

 

HP全体をさらっと読んでみた所「ボクたち弱者だから再分配の名のもとにお金ちょ~だい!」と言ってるとしか解釈できなかった。

 

このような主張は自分でリスクをとって商売をしている人間にとっては「カチンと」来るもので、私のFBにも同業者のアンチコメントが載っている。

 

なぜ私がここまで憤っているのか? それは彼らが自分で現状を打開しようとせず、その問題を他者(国)に転嫁しようとしているからだ。リスクを取らずに環境の改善だけを訴えるなんて、どれだけ図々しいのだろうか。

 

もちろん、何らかの理由があって働けない、最低賃金に甘んじるしかないという人もいるだろう。そういった人は然るべき保護を国家から受ける必要がある。

 

しかしそうではない若者たちが、なぜこんなデモをやっているのか。ちょっと理解できない。そもそもなぜ最低賃金の職場で働くことを前提にしているのか。時給1500円以上の仕事なんて探せばいくらでもある。

 

「住む家も見つからない」というのであれば、新聞配達、パチンコ店、建設現場、タクシー会社など即入居できる寮を完備しているところはいくらでもある。しかもそれらの勤務先は時給1500円以上をクリアしているところが多い。それじゃダメなのか?

 

「それらは自分のやりたいこじゃない」と言うかもしれない。じゃあ、堂々とやりたいことをやればいい。ネットにつながっていれば大抵のことはできる時代だ。イラストや簡単なPCスキル、悩み相談などは「ココナラ」で簡単に自分のスキルを出品できるし、ハンドメイドのアクセリーを売りたければ「ミンネ」などのハンドメイド商品を販売できるサイトもある。

 

人前で見せる特技があればYouTuberになってもいいし、文章を書くのが好きならブロガーになってもいいし、小説が好きなら「小説家になろう」に投稿してもいい。

 

ちなみに、現在の若者向けライトノベルやコミック業界は編集社が企画した作品よりも「小説家になろう」などのネット発信のコンテンツがメインストリームになっている。既得権益に依存せず、クリエイターが受け手にダイレクトに作品を届けることができる時代が来てるのだ。そんな時代に若者が「最低賃金¥1500あれば夢がある」なんて抜かしてていいのか? 俺みたいないいオッサンがリスクをとってガンガン前に進もうとしているんだから、若い連中はもっとやれるはずだ。

 

ちなみに、最低賃金にこだわらないほうがいいのはもう一つ理由がある。

 

最低賃金で誰でもやれる仕事は近い将来機械とAIに間違いなく奪われる。

 

最低賃金1500円の人間よりも、機械の導入・運用コストが下回れば経営者は間違いなく後者を選ぶだろう。つまり高コストの労働者は使い捨てにされる。

 

機械に単純労働が奪われる時代、機械に侵食されないビジネスジャンルは何だろうか?

 

それは「遊び」だ。

 

没頭できる趣味と言い換えてもいい。さすがに機械は趣味趣向までは入って来れない。そして遊びや趣味をマネタイズ(収益化)できる仕組みができつつある。文字通り「やりたいを仕事に」する時代がそこまで来ているのだ。

 

なので若い世代には「働いていかにお金をもらうか」と考えるより「自分のやりたいことでいかに稼ぐか」を真剣に考えて欲しい。

 

どうせなら後者の方に「夢はある」と思ってほしいものだ。

 

 

 

 

 

 

不要な本とお味噌を交換!「MISOx本プロジェクト」

 

岡田味噌の若旦那と森の本屋さんとのコラボが

立石のお蕎麦屋さんで開催されたようですね~。

 

かなり大盛況だったようです。

プロジェクト考案者として嬉しい限りですね。

 

 

 

不要な本とお味噌を交換!「MISOx本プロジェクト」

この仕組みはお味噌を売りたい岡田味噌さんと

本を買い取りたい森の本屋本屋さんの両者をコラボさせて

そのメリットを最大限に引き出すために考えたもので

 

簡単に説明すると、不要な本やCDの価値相当のお味噌を

不用品をお持ちいただいた方に提供するという仕組みです。

 

例えば今回の場合、会場のお蕎麦屋さんに

本を5冊お持ち頂いて、その査定額が200円だとしたら

お金をお渡しするのではなく、200円相当のお味噌を

お持ち帰りいただけるシステムです。

 

 

f:id:ike0077:20170325140155j:plain

お味噌は好きな種類のものが選べます。

 

 

 

 

 

 

お味噌の引換券「MISO」

お持ちいただいた不用品はその場で森の本屋さんが査定。

その価値に応じたお味噌の引換券「MISO」を発券します。

 

1MISOで200グラムのお味噌と交換でき

1MISOに満たない場合は査定額に応じた割引券をお渡しします。

 

 

f:id:ike0077:20170325141340j:plain

 

 

f:id:ike0077:20170325141359j:plain

つまり金銭を介さず本と味噌を交換する「仮想通貨」

それが「MISO」なのです!(大げさかw)

 

この仕組みを使うと

・不要になったものがお味噌になる(交換できる)

・岡田味噌さんはお味噌のプロモーションができる

・森の本屋さんは本の買取(仕入れ)ができる

・お蕎麦屋さんに食べに来るお客様が増える(たぶん)

 

という、みんながハッピーで誰も損しないコラボになるわけです。

 

 

特にお味噌でなくても

 

・売りたい商品

・買取業者

・コラボ会場

 

があればこの仕組は成立します。

 

例えば美容系の商品を売りたい人がいて

古着の買取をしている人がいれば

 

古着を持っていくだけで美容系の商品がもらえるなら

「どうせ捨てようと思ってたし、持っていくわ」

というママさんがいそうですよね。

 

飲食店とコラボして

査定金額相当の食券がもらえる

というのも面白そうです。

 

興味のある方は一度チャレンジしてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 お友達からお願いします!

 

各種SNSやってます。
 
 
気まぐれにネタをアップしてるので
 
よかったらお友達になってください!
 
 
 
ご意見、お問い合わせ等もこちらからお願いします。

 

Ikematsu Takeshi

バナーを作成

友だち追加

 

「未来」と言う名の道なき道を進むための「魔法のコンパス」by西野亮廣

 




西野亮廣という芸人さんをご存知ですか?

 

かつていくつものレギュラー番組に出演し、
売れっ子の名を欲しいままにしていた芸人さんです。

 

しかし彼はいつの間にかテレビから姿を消し
ツイッターでの歯に衣着せぬ発言が炎上する
「炎上芸人」としてネットで目にするようになりました。

 

「この人、こんなに叩かれて大丈夫なんだろうか?」

そう思っていた時

 

彼の作った絵本が

絵本業界では異例のセールスを達成したことを
ネットニュースで目にしました。


その手法はクラウドファンディングで
プロモーション資金を集めたり


自分で自著を出版社から1000部購入して
サインを付けてレターパックで送るといった
従来のマーケティングとはかけ離れたもので


「なんだか面白い人だなぁ」
と興味を持ち始めたときに目に入って来たのが
この本です。

 

 

 

オビに「泣けるビジネス書」と書いてありましたが
特には泣けませんでした(笑)。

ただ、すごくためになりました!

 

 

「僕は芸人としてとにかく面白いことをしたい。それだけ」

 

絵本が売れ始めた頃、彼は芸人を辞め
作家に転向したいのかなと思いましたが

 

本書の「はじめに」を読んでみて
彼は生粋の芸人で
人を楽しませたいという思いが人一倍あり

 

 

ただ、ひな壇でトークしたり
バラエティー番組に出演したりする
「従来の芸人像」をこわしたいだけなんだな
というのがよくわかりました。

 

 

ゴミ拾いがエンタメになる


ハロウィンの翌日は渋谷の街中が

ゴミだらけになることを憂慮した西野氏は

 

「ハロウィンの翌朝に
ゴーストバスターズの格好をして
ゴミ拾いしようぜ!

拾ったゴミでトラッシュアート
『ゴミの木』を作ろうぜ!」

 

と呼びかけます。

 

ただみんなのためになる
「ゴミ拾い」に

 

コスプレとアートを取り入れることで
エンタメにしていまう手法はお見事。

 

人を動かすには「楽しませる」ことが
手っ取り早いと芸人である彼は知っているのです。

 

しかも「アンチ西野」が

彼の計画を邪魔するために

数時間早く渋谷に乗り込みゴミ拾いを始め

 

結果的により渋谷がキレイになる

 

というオチつき(笑)。

 

 

 

「資金調達=アルバイト」という「思考停止」

クリエイター系の若者が夢をかなえるために

バイトに精を出すというのはよく見る光景です。

 

ただこれに西野氏は疑問を呈しています。

 

 

たとえば、クラウドファンディングで支援してくださった方へのリターン(お礼の品)に、絵を1枚でも描けば昨日より画力がつくし、なにより世の中に自分の作品が残る。

 そういう資金調達の選択肢があった上で、それでもカラオケ店のアルバイトを選んでいるのなら、それは好きにすればいいんだけど、その生徒の頭の中には「資金調達=アルバイト」という発想しかない。

 

いきなりクラウドファンディングで資金を募るのが厳しそうなら

ココナラなどの特技を「販売」できるサイトに登録して

資金を調達することも可能ですしね。

 

 

 

西野流クラウドファンディング成功法

SNSで「拡散希望」

とついてツイートしてもスルーされまくった経験から

 

SNSは拡散装置として寿命を迎えたと感じた西野氏は

 

「網でかからないのなら、モリを片手に一人ひとり突き刺していくしかない」

以下のような方法を始めました。

 

 「キングコング西野」でエゴサーチをかけ、僕についてツイートしている人をリストアップし、「はじめまして。キングコングの西野です。実はこの度、クラウドファンディングという・・・・・・・。」と片っ端から突き刺していった。700~800人に声をかけた「会いに行けるアイドル」ではなく「会いに来る芸人」

 

 これは有名人である西野氏だからこそ

効果がある手法に思われがちですが

 

「モーニング娘。」がデビューするために

CD数万枚をメンバーが売らなければいけない

というノルマを課されたときに

 

まだ無名だったメンバー一人ひとりが

知り合いに片っ端から手紙を送った

というエピソードもあり

 

その人の気合や意気込みを伝えるには

モリで突いていくのが効果的なようです。

 

 

おとぎ町の地面の固め方

 

西野氏が絵本と同じくらいちからを入れているのが

「おとぎ町」というまちづくりプロジェクトです。

 

実際に埼玉の土地を借りてまちづくりを開始しています。

 

そのやり方がたまらなくイカしてるんです!

 

 

地面をならす(固める)にはお金がかかる。さてどうしましょ?

 また誰かが「500~600人を招待して無料ライブを開催すればいいんじゃね?」と言った。500~600人が歩きまわれば、地面も固まる。

 

 バカみたいでしょ?

 本気でこんなことをやってる。

 今度は皆で井戸を掘るのだ。

 

 

西野さんに見えてる「未来」

 

彼は2045年問題、いわゆる「シンギュラリティ」についても

本書で語っています。

 

これが近い将来我々が到達する「未来」に思えて

仕方がないのです。

 

 

 ロボット(機械)の進化と仕事に話を戻すと、まもなくロボットに奪われる仕事なんて山ほどある。

 商品のレジ打ちや、箱詰めや積み下ろしなどの作業員や小売店販売員。会計士なんかも時間の問題じゃないかな。

 こんな未来がまもなくやってくる。

 その時、ステレオタイプのオヤジが口にする「好きなことで食っていけるほど人生甘くない!」という人生訓は、まったく的が外れていて、好きでもない仕事はこれから更にロボットが奪っていくんだから、人間に残されたのは "とても仕事とは呼べない好きなこと" なんだよね。 

 たとえば「旅」だったり「グルメ」だったり。いうなれば趣味だよね。さすがのロボットも趣味には手を出さないもの。

 「好きなことで食っていけるほど人生甘くない!」という時代から「好きなことで生きていく」を追い求める時代になり、これからは「好きなことでしか生きていけない」時代が間違いなくやってくる。

 

 

そんな未来にワクワクした人。

ぜひこの本を手にとって読んで欲しいです。

 

文字通り新たな時代に飛び出すための

「魔法のコンパス」になってくれるはずですから。

 

 

 

 

 

メルマガ始めました!

 

ブログの更新情報をいち早くお届けします。

たまにメルマガ限定記事の配信も!

 

f:id:ike0077:20170316165547g:plain

 

 お友達からお願いします!

 

各種SNSやってます。
 
 
気まぐれにネタをアップしてるので
 
よかったらお友達になってください!
 
 
 
ご意見、お問い合わせ等もこちらからお願いします。

 

Ikematsu Takeshi

バナーを作成

友だち追加

 

最近、本屋に行ってもときめかなくなったのはなぜだろう?

 

 

 

f:id:ike0077:20170320174609j:plain

 

私が幼い頃からの趣味。それが「読書」
そんな読書好きの私を
ずっと魅了してきたのが「本屋さん」でした。


幼いころの記憶を辿れば
おばあちゃんの家に遊びに行くときに
かならず買ってもらった「てれびくん」


小学校時代に毎月お小遣いで1巻ずつ買い揃えた
「マンガ少年少女日本の歴史」

 

 


中学時代に出ては即買いしていた村上春樹の新刊。


高校時代は部活であまりガッツリ
本を読まなかったけど

オフの日はかならず地元の「真光書店」に
通っていたなぁ。


大学時代にはよく紀伊国屋に入り浸り
バイト代が入っては2~3冊ジャケ買いし


社会人になってからは
今はビックロになっている
ジュンク堂書店や


移転前の渋谷ブックファーストなど
マニアックなサブカル本やマンガが揃う店に
よく通っていました。


30代を過ぎてアニメ・マンガ文化に本格的に覚醒し
それからは秋葉原がメインフィールドに。


ヨドバシアキバの有隣堂を中心に
中央通り沿いのとらのあな、アニメイト
コミックZIN、ちょっと奥まったところにある
ゲーマーズ、K-BOOKS、書泉なども足繁く通いました。


そんな私の「心の支え」であった本屋さん。
一度入ったら数時間いても飽きない本屋さん。


そんな本屋さんになぜだか最近
「ときめかなくなった」のです。


本屋さんに行って平積みになっている新刊。
それらを見ても
「欲しい!」と思わなくなっちゃったんです。


原因はわかってるんです。
Kindle Unlimitedなんです。

 

f:id:ike0077:20170320175135j:plain


こいつのおかげで書店で平積みされている本を見ても
「Kindle Unlimitedで似たような本が出てるかも」

もしくは
「平積みされているこの本が
Kindle Unlimitedで無料で出てるかも」


と思うようになっちゃったんですね。


ビジネス書は話題の本がかなり
読み放題の対象になっていますし


マンガだったら古いものであれば
最終巻まで無料で読めるものも多いです。


昭和ジャンプ世代のハートをわしづかみした
「きまぐれオレンジロード」も全巻読み放題です。

 

f:id:ike0077:20170320175300j:plain

 


また専業作家さんではない同人作家さんが描いている
小説やマンガも商業誌では楽しめないような自由度があって
すごく面白いですね。


これも書店にはない魅力です。

 

このサービスが月額980円で利用できるわけです。
だからみんな入りましょうね~って話ではなく


今後「コンテンツは基本フリー」
という認識の時代がやってきている
と私は確信しているのです。


お店に並んで個別に値段の付いた
書籍などのコンテンツは


今後ひとまとめで
「定額取り放題◯◯円」になり
その中から好きなものを各自が選ぶ
そんな時代になるのではと思っています。

 

 

 

クリエイターがKindle Unlimitedで利益を得る仕組み

電子書籍で精力的に作品をアップしている
マンガ家の鈴木みそさんがこんな面白い記事を書いています。

 

www.misokichi.com

 

この記事によればKindle Unlimitedでは
「読まれたページの分だけ報酬が入ってくる仕組み」
になっており

 

一度作品を書き上げたら重版がかからなくても
読まれたページの分だけずーっと報酬が入ってくることになります。

 

古い漫画作品がKindle Unlimited上に多くアップされているのも
このあたりに理由がありそうですね。

きまぐれオレンジロード、儲かってるんだろうなぁ。

 

 

コンテンツ業界が「ディズニーランド化」する日

 

ディズニーランドってパスポート買いますよね。
パスポート買って自分の好きなアトラクションを
時間の許す限り、好きなだけ楽しんでください
というのがディズニーランドのコンセプト。


ディズニーランドはその昔
10枚綴りとかのアトラクションごとに使う
チケットとかも売っていましたが
いつの間にか廃止になりました。


この流れが書籍などのコンテンツ業界にも
今になって入ってきてるわけです。


つまりあるコンテンツをまとめる
コミュニティやプラットフォームなりがあり
そこに行くとその中のコンテンツが
定額で好きなだけ楽しめるよ~
という時代がきているわけです。

 

作品ありきではなく

コミュニティありき

そこに集まって来る人がいかに楽しめるか。


いわば

「コンテンツ業界ディズニーランド化計画」


エヴァンゲリオンみたいな感じですが(笑)
この流れはもはや避けられないのではと思いますね。


コンテンツ提供者は
個別のコンテンツをいかに沢山売るかではなく

いかに沢山の魅力的なコンテンツを集めて
自分たちのコミュニティに来てもらうか
が稼ぎのカギになってくるはずです。


そう言った意味ではKindle Unlimitedは
時代をリードしていると言えますね。

 

 

 

 

 

メルマガ始めました!

 

ブログの更新情報をいち早くお届けします。

たまにメルマガ限定記事の配信も!

 

f:id:ike0077:20170316165547g:plain

 

 お友達からお願いします!

 

各種SNSやってます。
 
 
気まぐれにネタをアップしてるので
 
よかったらお友達になってください!
 
 
 
ご意見、お問い合わせ等もこちらからお願いします。

 

Ikematsu Takeshi

バナーを作成

友だち追加

 

ニュースを読むだけで小遣い稼ぎができる!「ポイントリーダー」

 



スマホでネットニュースを読むだけで
ポイントが貯まって
現金やamazonポイントと交換できる!


そんなアプリを発見したのでシェアします。

 

f:id:ike0077:20170318174707j:plain




ポイントリーダー
ニュースリーダー系のスマホアプリで


アプリ上に掲載されているニュースを読むと
一定のポイントがたまる仕組みになっています。


換金レートは1ポイント0.1円。
30,000ポイントで現金に
500ポイントからamazonギフト券に
5000ポイントでiTunesギフト券に
それぞれ交換できます。


ブロガーさんやアフィリエイターさんなら

ニュースネタをSNSやブログでアップして

 

獲得したポイントでamazonで本を購入。

無料で書評記事を書いてそのあとに

マケプレで本を売れば一石三鳥ですね♪

 

 

ニュースは全部読まなくてもポイントが入る


読みたいニュースをタップして呼び出し
下にちょこっとスクロールさせるだけで
すぐさまポイントが入りました。

 

f:id:ike0077:20170318174926p:plain

f:id:ike0077:20170318174936p:plain

f:id:ike0077:20170318174934p:plain

右下に「1PtGET」って文字とコインの絵が見えますよね?

ちょこっと下にスクロールするだけで

あれがすぐに出ますw


なので変な話、ひたすらニュース記事を
タップ&スクロールさせていれば
ポイントが入ってくる仕組みになっています。


でも、1記事0.1円ですからねぇ。
労力を考えると、気になった記事を
ちゃんと読んでコツコツ貯めるのが
正攻法かなと。

 

 

ポイントを多くゲットするにはアプリダウンロード!

 

ニュースを読んで獲得できるポイントが
1ポイントとちょっとレートが安いなと感じますが


アプリのダウンロードの獲得ポイントが
結構デカいんです。

 

f:id:ike0077:20170318175240p:plain

右側の金色の丸の中の数字が

アプリのダウンロードで得られるポイント。

アプリによって獲得ポイントが違います。

中には4ケタポイントのものも!

 


なので、ポイントを早く貯めたい人は


アプリのダウンロードを積極的にやると
いいと思います



 

 ダウンロードはこちらから!

 

【iPhone】

 

【Android】

Google Play で手に入れよう

 ちなみにアプリをダウンロードしたあとに

「マイページ」から私のユーザーID

 

NVJbdrLfbtgF7PU

 

を入れていただくと、初回換金時に

300ポイントが追加されます。

もしよかったら登録してみてくださいね。